FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

Unknown、早くも終了

そういえば、おそらく今朝のパッチによるローカライズの修正で、先日変化に気がついたUnknownディードが、もとのDeedに戻ってしまっています。
修理ディード版の方も無表記という珍しい状態からUnknownを経てDeedになってしまい、銘もまた見えなくなってしまいました。



これらはまたUnknownになる可能性もあるかもしれませんが、ともかく前回のはただのミスなのか、早まったのか、謎は残ります。

(Unknownだった期間は長くないと思うので、面倒がらずに画像取っておいてよかった…完全にblogのおかげです。)
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/08/29 23:10】 | UO レア | Comment(0)

カスタムUI その2

前回の記事の後で、Gildarさん作のクラシックコンテナをオセアニアのFinkさんが改良したようです。
パラリシャンさんにも載ってました。
開発陣のプログラマーSupreem氏は、Gildarさんのすばやい把握に驚いています。GildarさんはすでにXMLによるHow toも公開しておられるので、ひとつの牽引力になりそうです。

UIのほかにもwaypointという地図上で経路を取るっぽい(てきとう)?機能もXMLで座標などを編集して使えるようで、これもすでに見本があがってきてます。

KRのことを、ずっと「ゲームになってないベータ版」のようにあきれてる人達がいる一方で、クライアントの目に見えにくい進化に対して非常に嗅覚の鋭い人達がいるもんですね。
KRが楽しくなってから楽しむか、楽しくなっていくのを楽しむか…
後者なら今はまだチャンスかもしれません。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/08/29 23:03】 | UO KR | Comment(0)

カスタムUI

カスタマイズ可能なユーザーインターフェスが導入されてそろそろ一週間になろうというところでしょうか。
わがPCではろくに活動できないので、パッチ当て以外ではKRクライアントは起動しないというありさまなんですが、UOSSに固定スレッドも立ってるので試してみました。
何を?といっても、2Dのバックパック画像をスキンとして使えるファイル(backpacks.zip)を置いてくれてる人がいるので、ただそれを導入しようというわけです。
(今回ファイルをいただいたのはこちらのGildar氏の投稿@UOSSより)

とりあえずマイドキュメントのキャラ設定ファイルをいじればいいだろうと勝手な予想をしてたのですが、どうやらKRインストールフォルダに行かなきゃいけないようです。ということで…

1. KRがインストールされているフォルダの中のUserInterfaceというフォルダを探して開きます。
(標準だと、"C:\Program Files\EA Games\Ultima Online Kingdom Reborn"にあるはず)

2. そこにDefault.zipというファイルがありますが、これがまさにデフォルトのUI設定みたいです。

3. Default.zipと同じ場所に、UOSSから落としてきたbackpacks.zipを放りこんで解凍します。Default.zipとは違って解凍しないと認識しません。

4. KRクライアントを起動します。
当然、コンテナ類は今はこんな感じですね。



5.ユーザー設定>インターフェースへと進み、Use Custom UIからbackpacksを選択します。

(※確認作業の過程でDefaultも解凍したのでダブってます。無視してください。)

6.無事、こんな感じになりました。ハイライトもちょっと変わってますね。


念の為、Default.zipのバックアップを取るなりして、ご自分の責任において試してください。スキン作成にはxmlファイルとddsファイルが必要のようなので、要するになにやらややこしい知識とフォトショップなんかがあるといいみたいです。
すばらしい職人さんが出てくるとKRは加速するかもしれません。
いいか、絶っっ対に萌えスキンなんか作るなよ、絶対だぞ!?というお約束も必要かもしれませんが、正直、個人的にはとにかく軽いものとか見やすいものとかがひとつあると嬉しい限りですよ。

まぁ、知識とか無い人間でもダウンロードして放り込んで解凍さえできればスキン適用は出来ました、ということで。他の機能とかは全く知りません。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/08/21 21:13】 | UO KR | Comment(0)

Unknown

つい最近UOSSレア板で気づいたんですが、UOSE導入パッチ時に作れた"Deed"という表記のディード(そのまんま…)が、Unknownという名前に変わっているようです。
Deed
持ってる人はたくさん持ってると思いますが、中々面白いですね。どういう意図で変えられたのか、これから何かあるのか、さっぱりわかりません。
でも、たぶんバグってるアイテムを隔離するための共通の名前だろうと思ってます。
というのも、同じくバグって名前すら出なかった修理ディードがあるんですが、これもUnknownになってるからです。
Repair Deed
(銘は自分のじゃ無いのでとりあえず伏せ)

しかもこの修理ディードの方は、以前はロックダウンできませんでしたが、いまは出来るようになってます。
ただ、ロックできなかったときは初期装備属性だった気がします。ただ、数ヶ月前だったと思いますが、本来はロックできない初期装備属性アイテムがロックでき、しかもそのまま腐ってしまうというバグがありました。ロックダウンで飾る場合は、何でもいいのでコンテナの中に入れておくと一応の保険にはなります。
フィールド・床におかない限り腐りタイマーが進行しないようなので。
これは何にでも言えることですが、もし不安であれば木箱に入れることをお薦めします。万が一の初期属性腐りを回避できるし、ほぼありえないですが新パッチなどコンテナに張り付いてしまっても木箱なら斧で割って一応取り出すことができます。

で、いつのまにか他にも名前などが変えられてないでしょうか。気になります。
時期に関してはそんなに古くは無いと思うんですが…
2、3ヶ月前に一度"Deed"を見たときは、そのままだった気がします。でも、とりあえず大きな区切りとして「KRベータ以降」ということで。
【2007/08/19 13:08】 | UO レア | Comment(0)

FoF 8/17

Five on Fridayから

Silvaniの退職はびっくりしました。彼女はInuイベント群の一環でオフィディアンが攻めてきたころアシスタントプロデューサーに昇進したばかりだったと思います。
なんでこんなことを突然言うかというと、まさにオフィディアンの侵攻があったとき、ごく稀にInavlis's Burcheteというバーディッシュがルートできたのを覚えてる人はいると思いますが、このアイテムがUOSSのレア板で話題になったとき、すぐに来て謎を明かしてくれたのがSilvaniなんです。
勘のいい人はすぐ分かったかもしれませんが、InavlisはSilvaniの逆さ読みですね。そして、Burcheteは彼女が小さいころにバーディッシュをちゃんと発音できずに、そう呼んでたそうです。
(小さいころにそんな物騒なもので遊んでたのかと、きっちり突っ込まれてました。)
この話をだれか(忘れました…)が面白がって、件のアイテムをそしらぬ顔でゲームに導入していたというわけです。

このことが頭にずっと残ってたもので、彼女の昇進後の退職はUOプレイヤーとして寂しいものがあります。もちろん婚約者さんとの新生活を始めるSilvaniには、「おめでとう」ですね。

さて、Inavlisにあやかってか、少しあとでDraconiも隠し玉を仕込んで来ました。それは個体ごとに違うほど名前の種類が多いモンスターなんですが、古の狂気の魔法使いが残した大迷宮などでその「名前」のモンスターに会えるかもしれません。
そして、反対から読んで怪しいのがいたらやっつけると少しスカッとするかもしれません。
そういえば、十周年を迎えるUOにも新たに狂気の魔法使いが誕生しそうです。Draconiのシナリオに期待しましょう。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/08/19 02:48】 | UO 雑記 | Comment(0)

とりあえずテスト

いきなり放置、閉鎖、引越し、どうなるか分かりませんが、 本家TUOの表玄関として設置してみました。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/08/18 18:49】 | UO 雑記 | Comment(3)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。