FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ローカライズ続き

一昨日あたりにまたフィードバックしました。

長い上に前回の記事とかぶるので晒すのはやめますが、
もしローカライズをするなら、プロパティのエリアに日本語を入れて欲しいというのを
幾つかの案の中の一つとして入れてみました。
理由は色々ありますが、実際に一番抵抗が無いかなぁと
さらにオプションでその部分だけフィルターをかけられたりすると便利なんですが


先週のEMイベントにはGLシャード以外2つ3つ参加できたので、
レポートなんぞ書けたらいいなと思ってます。
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2009/02/22 23:29】 | UO 雑記 | Comment(0)

突然のローカライズパッチに愕然

まだ冷静に評価できませんが、ひどいですね。

即フィードバック考えましたが、数日様子を見ようと思い直し…
やはり送るものは送っとくかというわけで書いてきました。
ちょっと警戒して理論武装しようとしてたりして読みにくい上に長いですが、さらしてみます。

***
事実
本日2009年2月13日金曜早朝、
クライアントパッチ導入によるローカライズの大幅変更があった。

問題点
1.最大の問題は、既存のプレイヤー(会員)が慣れ親しんだ表現を突然変えてしまい、その合理的理由が説明されていないこと。
変えること自体はEULAかTOSに基づいて問題無いと認識していますが、この変更は既存の会員離れを招き、またコミュニティの存続に損害を与えかねません。よって新ローカライズの好き嫌いという主観的判断抜きにして、現会員として抗議するに値します。

2.コミュニティを無視していること。
例えばblank scrollの取引でいえば、現在飛鳥では英語を元にして通称「ブランクスクロ」と呼ばれています。それが今は「白紙のスクロール」と表示されており、混乱の原因となります。
以前、UO3Dクライアントでスキルが日本語名にローカライズされていました(hidingが「隠蔽」になるなど)。このときはUO2Dクライアントのプレイヤーとスキルの会話が成り立たず苦労しました。
新規プレイヤーとの間にこような事態が起きることが予想されます。
そしてウェブコミュニティー上での膨大な情報が、最悪全く役に立たなくなることも考慮願います。(例:「裁縫はsewing kitで行う」という記述が通用しなくなります。)

3.多くのローカライズに整合性がなく、むしろ混乱を招くこと。
(例:tableとstoolがそれぞれ「table」と「丸椅子」になった。wooden boxとsmall crateがそれぞれ「wooden box」と「小さな木箱」になった。plain wooden chestは「和だんす」になり、finished wooden chestが「時代仕上げ箪笥」になった。)

4.日本語表記になったことで、区別出来なくなったものがある。
代表的なのものは、文法上複数形が表現出来ないことです。(例:rockもrocksも「岩」になった。)

5.cliloc.jpnファイルを参照するものにしか反映されない。
これは詳しくないので断定はできませんが、昔のアイテムは「A Crate of Exceptional Quality」などとなり、最近生産されたものは「木の箱」となります。また植物で言えば新世代植物は「装飾用のhops」などとなり、旧世代植物は一律「観葉植物」となってしまい、時代が昔のものなら「A Decorative Snowdrop」などになるという弊害が起きています。
「Talisman Of 包帯 Summoning」といった例もこれに当てはまります。
つまり、古い時代のアイテムには何の影響もないどころか表記上のズレが発生し、かつ英語の中に突如日本語が混在することもあり得るということです。

さしあたり以上が重要な問題点です。
これらがクリアされればローカライズの方針は理解できますし、新規会員が英語表記で挫折することも少なくなると願います。しかし、ウルティマ世界から全ての英語表記が消えるとはとても思えません。
新規会員開拓の前に既存会員が最大で11年以上親しんできた世界を変えるには、それに見合う準備と説得が必要である点を御一考願います。
***

一応理解はしますが、私の場合は最小限のローカライズしか受け入れにくいのが本当のところです。
そもそも日本は表音文字「カタカナ」があり、義務教育での英語教育もあるので、英語がそのままで通用しやすかったのであまりローカライズがされなかったという特殊な事情があります。
spellbookがスペルブック、runeがルーンなどなど、表記は英語でも会話ではカタカナに直せばそのまま通りますし、入力モードも変えなくて良いです。

一方、言語をCHT(台湾用)に変えると、ほぼ全てのものが漢字表記になっています。
例外は技術的に無理な個別アイテム(昔作られたものなど)の名前と、新しいアイテムのようです。

日本では、最近新しいアイテムは即座に日本語にされることが多いです。その代わり、逆に昔からあるものは英語のまま通用しています。

ほとんどが11年以上もそのままということは、単に放置していたか、あるいはそのままにすることに利点があったかのどちらかです。
普通に後者なんじゃないかなぁ…。

愚痴になりますがUOTDの頃でしょうか、一気にアイテム名が日本語になったことがありました。
毒エレ特攻の「Elemental Health」が「元素の健康」というインパクトのあるものになったり、確かFeeble Mindが付加された「Mage's Bane」(魔術師の苦痛)が「魔術師の骨」になるというひどいものでした。
こんなのしか作れないなら、絶対にローカライズは受け入れられないなと思ったあの日の悪夢がよみがえりました。

今回のローカライズの質も同じく直訳の域を出ないもので、到底なじめません。
試しに手元のカシオ電子辞書に入っているジーニアス英和大辞典を引くとbushel=ブッシェルます、cand(e)labra=枝付き大燭台、dovetail saw=枘挽鋸(ほぞびきのこ)と出てきて、それぞれブッシェル枡(ます)、枝付き燭台、ほぞ挽き鋸というローカライズとほとんどそのまま一致します。
でもこんな機械的な作業って、意味あるんでしょうか…
多くの人にとって見たことない文字が、聞いたことない日本語になるだけです。
そうじゃなくて、それぞれ意味から考えて「大きな籠」、「儀式用の燭台」、「細工のこぎり」とでもした方が多少間違っててもよっぽど通りが良い、つまりローカライズされてると思います。

直訳でも何でも良いから日本語の方が視覚的に認識しやすい所もあって、
たとえばルート品のプロパティ、あれを英語で見てるとルートに倍以上時間がかかります。
これは漢字という象形文字の恐ろしいまでの長所で、読んで意味を考えなくても字面だけでそれが何のプロパか分かってしまうわけです。左に「追加効果:」と並んでいると、おっ!?と思うし、たった二文字あるだけで、命中か回避きたっと思うわけですよ。
いやそこまで考えずに、ほんとチラ見しただけでこれは見るべきか捨てていいか予感できてます。
英語だとあれができないんです。
あと、ライトニングストライクを繰り出した!とかも、英語だとセットしたのか当たったのか良くみないと分からないし、効果とかも何が発動したのか全然頭に入らない。

そういう戦闘とか一瞬の判断を求められる部分は母語でないといけないと思うわけです。反対に、それがどういう名前かさしあたってはどうでも良いもの、つまり細工道具とか、スペルブックとかですね、ああいうのは2バイト文字にせずに英語のままの方が世界観を壊さずに良いでしょう。
スペルブックに似てても、ルーンブックは使い分けの便宜のために日本語が入る必要があります。

ローカライズは前者のように素早い判断をしたい部分と、後者のようにしなくても良い部分をはっきり分けて、前者だけ訳を吟味して行ってみるというのはどうでしょうか。

どういうことになるかというと、例えば大工道具はどれを使っても重さやクリックしやすさ以外一緒なのでローカライズの必要がない。一方で毒のメッセージは大体相手で覚えますが、自分の食らった毒のレベルをすぐ知るためにローカライズされた方が良い。

もうひとつ。アイテムの9割9分は視覚的に判断出来るので名前を無理して変える必要はない。むしろ変えると違和感がある。
これを示す好例がUOKRで、視覚的に何なのか全然分からないので名前に頼る必要があります。

要するに、名前であれグラフィックであれ視覚情報はこれまでとなじみがないと非常にストレスになるので、なじみを上回ってストレスが発生する所だけをローカライズお願いしたいなぁっていう、それだけの事でしたね。散々書いて今分かってきました。


今回のローカライズ反対!という人も賛成!という人もフィードバックを送るには公式ページの「サポート」から、左の「お問い合わせ」を選んで「フィードバックフォーム」から「UOフィードバックフォーム」を選びます。
ニックネームとメールアドレスを記入し、カテゴリは「ローカライズ」を選択、そして詳細を書き込むと良いと思います。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2009/02/14 02:44】 | UO 雑記 | Comment(2)

2月のEMイベント・続

先にイベントが行われたGreat Lakesに遊びに行ってきました。
担当はEM MalachiとEM Iatu。
ストーリーは「ロミオとジュリエット」まんまで、途中でひどい足切りがあったので最後に非難噴出…
報酬品が出たんですが、ここでもひどい発言ばかり。
アイテムは白いランタンとタスキ、そしておそらく薔薇が手渡されたようです。
後日、EMによってロミオとジュリエットの結婚式がとり行われるので、興味がある人はカウンセラーホールへ。

今回、最後にEM Malachiが残って酒をおごってくれました。

EM Malachiを囲んでの反省会


以下大体の内容
・どのシャードのイベントも同じではない(上の画像)
・イベントの時間はどれぐらいか決められている。
・NPCが参加者にアイテムを配る形式が禁じられているので、勝者を絞る必要があった。
・勝者を選ぶ形式は大雑把すぎたので改良したい。
・でもこの人数に手渡しすると頭おかしくなるから。
・今回、参加態度がひどく悪いプレイヤーがいたけど、俺たちは堅苦しいイベントが嫌いだから制限したくなかった。でも問題があったのは分かる。
・NPCを利用する道がいくつか見えてきた。(実際、ネタバレ配慮の面白い試みがありました)
・ロミオとジュリエットについて俺と語れる人いる?(無視される)
・来週の結婚式には来ておくれ。

といった感じです。MalachiはUOの世界観をほぼ無視してシェイクスピアを仕掛けてきました。
中々手強そうです。

今回の最大の問題点は、謎解き関係無しに突然始まった数分の戦闘だけでごく少数の勝者が決まってしまったことでしょう。これは旧EM式に近いものがあります。
私もSS取ったりメモしたりしているうちに戦闘が終わり、偶然数分遅れで現地に着いたものの、そこでイベントが途絶してしまいました。
最初から最後まで記録しようとしていただけに、ものすごい消化不良です。

…が、イベント終了後にEMがプレイヤー達と反省会を開き、これからのイベント進行に生かしていこうという姿勢が実際に見られたので、不謹慎ながら正直ここが一番面白かったです。

GLシャードでは今週末に結婚式をひかえており、先週のイベントで設置されたNPCも残されています。先週のものを始めるにはブリテン下水入り口のそばにいるTybaltに話しかけてみましょう。ただしユーの死体安置所で止まりますが。
終わったシャードでもまだイベントができる可能性もあるし、他のシャードも予告日時前から本などで予告があると思われます。週末を待たずにブリテンのカウンセラーホールを訪れてみてはどうでしょうか。
ひょっとすると何か手に入るチャンスが残っていたり、近づいたりするかもしれません。

ブリテンのカウンセラーホールは、秘薬屋ギルドの裏手、ブラックソーン城に架かる橋の南側にあります。
別の場所が指定されない限り、ここが告知や実行の基本になるようです。
042.jpg

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2009/02/13 00:10】 | UO EM関係 | Comment(0)

2月のEMイベントスケジュール更新

さてスケジュール通りならそろそろか、準備でもs…ん?
UOSSのアトランティック板をのぞくと日時の変更があった様子。
UOHeraldでもちゃっかり変わっていました。
差しあたり時刻の計算は後回しですが、以下の通りに変わっているので気をつけて下さい。
確認終わりました。変更後のスケジュールは以下の通りです。(赤字は変更されたシャード)

Oceania – Saturday February 7th 11:30AM AEST and Sunday February 8th 10:30 AM AEST
(2月7日(土) AM10:30, 2月8日(日) AM09:30)


Sonoma – Saturday February 14th 1:00 pm PST and 15th 4 pm PST
(15日(日) AM06:00, 16日(月) AM09:00)

Great Lakes – Saturday February 7th 7:30 pm CST
(8日(日) AM10:30)

Drachenfels – Sunday February 15th 8:00pm GMT+1 and 17th 8:00pm GMT+1
(16日(月) AM04:00, 18日(月) AM04:00)

Chesapeake – Saturday February 14th 3:00pm thru 10 pm EST
(15日(日) AM05:00-PM12:00)

Legends – Saturday February 14th 8pm thru 10pm EST
(15日(日) AM10:00-PM12:00)

Siege - Saturday February 14th 7pm EST Main event and 9 pm EST Tournament
(15日(日) メインイベントAM09:00, トーナメントAM11:00)

Origin - Sunday February 15th 1 pm PST
(16日(月) AM06:00)

Atlantic – Saturday February 7th 7PM EST
(2月8日(日) AM09:00)


Pacific – Saturday February 14th 3PM EST
(15日(日) AM05:00)

Baja – Saturday February 14th 3PM PST
(15日(日) AM08:00)

Lake Superior – Sunday February 15th 8pm CST
(16日(月) AM11:00)

Catskills – Friday February 13th 7pm EST and 15th 8PM EST
(14日(土) AM09:00, 16日(月) AM10:00)

Lake Austin – Saturday February 14th 7 pm PST and 15th 3 pm PST
(15日(日) AM10:00, 16日(月) AM06:00)

Europa – Sunday February 15th 8pm UKtime
(16日(月) AM05:00[ただしUKtime=GMT+0の場合])

Napa Valley – Friday February 13th 7PM PST
(14日(土) AM10:00)


OceaniaはやはりAEST換算でした。2/6頃に時刻が変更されたようなので、翌日の開催というあわただしいものになってます。
それともうひとつ、Atlanticが8時間後にずらされただけのようです。
新EM体制でたぶん初めての公式イベントなのに、現地シャード民に更新後の日時が周知されなかったようなのがちょっと残念ですが、あらためてどこか一つには行ってみようと思ってます。

今日既に開催されたオセアニアでは、EM Aeonから左下にメッセージが来て、East Britain Bank(EBB、いわゆるブリ2銀)に集まったようです。
侵攻されている場合(まさに7日のオセアニア)があるので十分気をつけて下さい。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2009/02/08 00:44】 | UO EM関係 | Comment(0)

2月のEMイベントスケジュール発表

※以下のスケジュールは変更されています。2/8の記事を確認して下さい。(2/8追記)



EMの活動がようやく表面化しました。
すでにいくつかのシャードでは、挨拶代わりにアイテムが配られたとの噂もありますが、
今回は公式発表された初めてのEM活動だと思われます。

題名と季節からしてバレンタインイベントのような感じがしますね。

以下がUOHeraldで発表されたスケジュールです。
(EST=JST-14:00、CST=JST-15:00、PST=JST-17:00)

***

【愛と勘違い】Love and Misconception

(愛を讃えて)


Oceania – Saturday February 7th 11:30 am EST and 8th 10:30 am EST
(現地の定期メンテナンス前頃になるので、ESTではなくAEST(JST+01:00)の可能性も)

Sonoma – Saturday February 14th 1:00 pm PST and 15th 4 pm PST
(15日(日) AM06:00, 16日(月) AM09:00)

Great Lakes – Saturday February 7th 7:30 pm CST
(8日(日) AM10:30)

Drachenfels – Sunday February 15th 8:00pm GMT+1 and 17th 8:00pm GMT+1
(16日(月) AM04:00, 18日(月) AM04:00)

Chesapeake – Saturday February 14th 3:00pm thru 10 pm EST
(15日(日) AM05:00-PM12:00)

Legends – Saturday February 14th 8pm thru 10pm EST
(15日(日) AM10:00-PM12:00)

Siege - Saturday February 14th 7pm EST Main event and 9 pm EST Tournament
(15日(日) メインイベントAM09:00, トーナメントAM11:00)

Origin - Sunday February 15th 1 pm PST
(16日(月) AM06:00)

Atlantic – Saturday February 7th 11AM EST
(8日(日) AM01:00)

Pacific – Saturday February 14th 3PM EST
(15日(日) AM05:00)

Baja – Saturday February 14th 3PM PST
(15日(日) AM08:00)

Lake Superior – Sunday February 15th 8pm CST
(16日(月) AM11:00)

Catskills – Friday February 13th 7pm EST and 15th 8PM EST
(14日(土) AM09:00, 16日(月) AM10:00)

Lake Austin – Saturday February 14th 7 pm PST and 15th 3 pm PST
(15日(日) AM10:00, 16日(月) AM06:00)

Europa – Sunday February 15th 8pm UKtime
(16日(月) AM05:00[ただしUKtime=GMT+0の場合])

Napa Valley – Friday February 13th 7PM PST
(14日(土) AM10:00)


***

ほとんどが金曜、土曜と書いてあるので、日本時間で土曜や日曜に顔を出すことができるかもしれません。急いで作ったので盛大に間違ってても勘弁して下さい。

時間帯がかなり幅を持ったシャードや、SPのように「トーナメント」と書かれている所もあります。
それぞれのシャードでEMはどのように動くのでしょうか。

一番早くてアトランティックの8日(日)深夜1時だろうと思います。
これには時刻計算の確認を含めて何とか行って来ます!
行って終わってたらズコー!なんですが…

(上の画像はUOSSでの現地民さんの報告により激写してきました@レジェンドのブリ1銀前)

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

【2009/02/05 19:36】 | UO EM関係 | Comment(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。